« T2 Linux | トップページ | VPNを入れようと画策 »

2005年11月13日 (日)

エーックス

ちょっと前にXmingという便利なソフトに気づいたので軽くまとめて書こうと思います。

これは、cygwinのX11の部分のみを切り出したソフトであるそうです。
これを使うと、簡単にWindows PCで大学WSにグラフィカルにログインできます。

  1. とりあえず、こちら のとおりにXmingをインストールしてください。とても簡単
  2. スタートメニューの全てのプログラム -> Xming -> Xlaunchで起動
  3. One large windowを選択、Display Numberはそのままで、次へ
  4. One Session via XDMCPを選択して次へ
  5. Connect to hostを選択してなんか暇そうなWSをIPアドレスなどで指定して次へ
  6. そのまま次へ
  7. あとは完了するのみです。そうすれば、なんか起動するはずです。で、設定を保存するのが完了前に可能ですので保存しておくと便利かもしれません。

で、これで見事にログイン画面に入れるわけですが、
な!、なんと!!、ホストの名前しかでてない!?

のですねこれが。これは、フォントの問題です。

  1. 下にある4つのボタンらしきもの中から右から2番目を選択
  2. でてくる3つのボタンのなかから上から1番目のを選ぶ
  3. その中にある"C"をクリック

すると英語ですがちゃんと表示されるはずです。
あとは普段どおりにログインしてください。
muleで日本語も使えたので、ところどころ英語ですが問題なくつかえると思います。

しっかし、ホントローカルな話になってしまった・・・。
ただ、これはcoLinuxでやるときもほぼ同様にいけるので100%ろーかるなわけでもないと
ポジティブシンキング。

|

« T2 Linux | トップページ | VPNを入れようと画策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126478/7089408

この記事へのトラックバック一覧です: エーックス:

« T2 Linux | トップページ | VPNを入れようと画策 »