« 日々の生活には算数が必要 | トップページ | LWP::UserAgentがとってきたのはutf8ではなかった »

2006年5月23日 (火)

install_driver(mysql) failed

ここ数日、大学のWSのほうでGoogle Maps APIで少々試していました。そこで学んだことで主だったことを記録に残します。

  • Webサーバ名とIP直打ちではAPIのキーが変わる。つまり、http://www.google.co.jp/http://216.239.59.104ではキーが別になる。
  • 文字コードをutf-8にしないと文字化けするどころかmapが表示されない。

上記のはすぐ気づいたので良かったです。

しかし、「MySQLにデータを取り出しGoogleMapのマーカー(検索すると地図の上に出るピンみたいなの)の座標として表示する」といった処理をPerlを使って書いていたんですが、端末上で実行する際には問題ないのにブラウザでアクセスするとエラーになるといった問題にかなり苦戦してました。

これがそのエラーです。

[Mon May 22 22:59:00 2006] [error] [client 192.168.14.4] install_driver(mysql) failed: Can't load '/export/local/lib/perl5/site_perl/5.8.8/sun4-solaris/auto/DBD/mysql/mysql.so' for module DBD::mysql: ld.so.1: /export/local/bin/perl5.8.8: fatal: libgcc_s.so.1: open failed: No such file or directory at /export/local/lib/perl5/5.8.8/sun4-solaris/DynaLoader.pm line 230.,

これのために色々試しました。gcc(libgcc_s.so.1)はNFSでつながっているディレクトリにあったのでロードできないのかなと考え、gccをコンパイルしたりもしました。

結論としてはApacheのhttpd.confに

SetEnv LD_LIBRARY_PATH /export/local/lib(libgcc_s.so.1があるディレクトリ)

を付け加え、Apacheを再起動するだけ。ローカルにライブラリが有るか無いかは関係ないようです。NFSって凄いですね。

|

« 日々の生活には算数が必要 | トップページ | LWP::UserAgentがとってきたのはutf8ではなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126478/10196707

この記事へのトラックバック一覧です: install_driver(mysql) failed:

« 日々の生活には算数が必要 | トップページ | LWP::UserAgentがとってきたのはutf8ではなかった »