« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

2006年10月 2日 (月)

> ちょっと長いコメント

等価変換な日々にて僕の名前が挙がっていたりして、
引用もコメントも長くなりそうなので、こっちで
ちょっと長いコメントを書きます。

ひさしぶりに GCC の Wiki を見に行ってみたら (絶賛放置中ですいません…), やたらページが増えている.どうやら学部時代の超優秀な後輩 (研究室は違う.僕は知識情報学系の G 研究室.当時彼はセマンティックウェブとかネットセキュリティをやってる研究室で,今は OS 系の研究室だったはず) のココサブ君ががんばっているようだ.期待 (笑)

やたらいえるほど増やせていないと思いますが、
超優秀でもないと思いますが、
なるべく継続できるように頑張りたいと思います。

研究室移動の経歴を覚えていていただいていて感謝です。
なんで、たまに先生の実名を挙げているのに
G研究室と曖昧にするのかが疑問です。

いや,ホント,gcc は化け物ですよ.あれは.main から降りて行こうとすると,たちまち迷路になります w

本当に迷路ですよね。
正直ディレクトリとかファイルの構成からしてチンプンカンプンです。
FirefoxとかEmacsとかもこんな感じなんでしょうか?
まぁ、そのためのひらメソッドです。
少しでも迷路の奥までいける様に道しるべを少しでも作りたいですね。

そんなこんなで,gcc は私には荷が重すぎました.まずは tcc で腕を磨いてから,再び gcc の方に参加する所存であります.

いきなりgccに参加しているのがちょっと怖くなりますね。

しっかし,仮に 5 万行のコードを毎年書き続けたとしても,GCC を作るには 10 年かかるのか,と考えると,いろいろゾっとするな.

上書きや、構造の変化があるし、
実際はもっともっとかかるんでしょうね。

RMS のスタイルを掴むためには,たとえ遠回りに見えても,まずは gcc の 1.0 あたりを読んでみるべきなのかもしれない.

スタイルを掴むのは重要なんでしょうが、
gccは新しいメジャーバージョンがでるたびに
構造が変わっているイメージがあるので、
大きな遠回りになりそうな気も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月24日 - 2006年9月30日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »